セフレ向けコミュニティーサイトのいいところと悪いところ

セフレ向けコミュニティーサイトのいいところと悪いところ

未成年者でも利用できることが、コミュニティーサイトのメリットです。

どのようなきっかけから男女が出会い、関係を深めていくことができるかは分かりません。

ただ、友達募集のための掲示板のように、友達を募集していることをコメントで残しておけば、自分と同じように友達を求めている人が連絡をくれるかもしれません。

ちらっとサイトを確認してみれば分かるのですが、ラインやフェイスブックのID、そしてメールアドレスなどを交換しあっている人はしばしば見かけます。

お互いの趣味が合ったり、あるいは価値観や性格などにおいて共感しあえる部分があるのでしょうか。

いずれにせよ、コミュニティーサイトというネット上の媒体を元にして、出会いが広まっていくというのはなかなか不思議滑素敵なことです。

アダルトな色合いの強い出会い系サイトと違って、ミクシィやラインなどのコミュニティーサイト(もしくはそれに類するサービス)は、未成年者であっても携帯電話の認証で登録できるので、違法行為に手を染めることなく出会いを求めることができます。

出会い系サイトと比較しても、明らかに詐欺の実態は小規模なのですが、それにしたってまったく詐欺の事例が報告されていないわけではなく、その点については各個人がしっかりと対策を立てる必要があるのですが、スパムメール(あるいは明らかに怪しげなメール)をことごとく無視すれば、悲惨なトラブルに巻き込まれるリスクは下げられます。

ただ、一つだけどうしても意識しておかなければならないのは、コミュニティーサイトを利用する人が皆、同じように男女の関係を求めて出会いを探しているわけではありません。

この点についてはしばしば、出会い系サイトとコミュニティーサイトの違いということで指摘されます。

単純に、ブログのようなものをネット上に挙げて、それをストレス解消の感覚で日々の更新をしていたり、自分の描いたイラストや、作った音楽などをアップして一人でも多くの人に聞いてもらおうという目的で、コミュニティーサイトを利用している人もいるからです。

タイトルとURLをコピーしました